降雪期に入りまして

温も下がり、本格的に寒くなってきました。
さて、富山県では近年、農業用水路やため池などに転落する事故が多発しています。
事故の特徴として、

①事故に遭われる方は高齢者が多い傾向
②冬期など非かんがい期にも発生する
③幅が狭く底が浅い水路でも発生する

などがあげられます。特に、

・65歳以上の高齢者の事故が8割以上
・幅1メートル未満の小規模な水路での事故が約半分

を占めています。
高齢者だけではなく、外出される全ての方に注意が必要です。

そして、降雪期に入り、

・積雪のため足元が見えにくくなる
・除雪や流雪に利用するため用水路の水量が増える

などの危険性が増します。
事故が起きてしまったら、誰が悲しみますか。周りにどれだけ迷惑がかかりますか。
自分は大丈夫、という安易な気持ちで外出せずに、見えない危険性への意識をお互いに高め、事故を無くしましょう。

 

参考資料はこちら    (PDF形式 417KB)

2+

▲Pagetop