水利施設の紹介

庄川用水合口ダム

DCIM100MEDIADJI_0010.JPG ダムの概要
構  造  :  コンクリート造
長  さ  :  103.3m
高  さ  :   18.5m
貯水面積 : 156,000平方メートル
貯留容量 : 405,000立方メートル
 syou-ren01  syou-ren02

 

左岸側の主な用水路と分水場

庄川合口左岸幹線水路
RIMG0265 庄川用水合口ダムから取水した水は圧力管路を通り 中野発電所(関西電力)で発電利用された後、 暗渠を通り開水路にて中野放水路分水場に向かいます。

 

中野放水路分水場

DCIM100MEDIADJI_0038.JPG

左岸幹線水路流下をしてきた水は中野放水路分水場にて三用水連絡水路(左側)、新又千保連絡水路(中央)、中野放水路(右側)に分水されます。中野放水路の水は13㎥/sまで中野放水路発電所にて発電に利用されます。それ以上の水についてはそのまま放水路から庄川へ放流されます。
     旧 中野放水路分水場
DCIM100MEDIADJI_0069.JPG

平成30年度に国営農地防災事業により三用水水門(左側)新又千保水門(中央)が改修されました。
 また、国営工事に併せて放水路水門(右側)についても改修工事を実施し、開閉機は更新しましたが躯体については歴史的な面から表面被覆コンクリートにて施工し、現在も農地を潤す大事な役目を果たしています。
 現在は、庄川左岸農地防災事業排水管理システムにより庄川合口用水会館から遠方操作にて用水の調整が可能となりました。

       新 中野放水路分水場

三用水分水場

 

s-IMGP7961  三用水連絡水路から流れてきた水は三用水分水場にて分水されます。

鷹栖口連絡水路(左側)
上若林口用水路(中央)
庄西幹線水路(右側)

      旧 三用水分水場
P0000005  平成27年度に国営農地防災事業にて三用水分水場が更新されました。
国営排水管理システムにより庄川用水合口会館から遠方操作にて用水調整が可能です。
      新 三用水分水場

右岸側の主な用水路と分水場

 庄川合口右岸幹線用水路
R01-02_07 庄川合口ダムから取水された水は、三合新分水場を通り最終的に安川発電所のヘッドタンクで発電所と芹谷野用水路に分れます。
IMGP9178 s-IMGP9330
第2隧道           三合新分水場

 

▲Pagetop