「とやま森と木のフェスタ」太閤山ランドで開催

平成30年5月20日、富山県と公益社団法人とやま緑化推進機構とが主催する「とやま森と木のフェスタ」が県民公園太閤山ランドにて開催されました。昨年魚津市で開催された全国植樹祭のメモリアルイベントとして、記念式典や記念植樹ほか多彩なイベントが行われ、約3千人が参加されました。
式典では、石井隆一知事の式辞、高木繁雄機構理事長のあいさつがあり、来賓からの祝辞の後に、林業振興・緑化活動等に功労のあった個人及び団体に対し表彰が行われました。式典後、参加者による植樹活動や苗木の配付が行われ、会場では木工教室や県産材PRブースが設けられ、富山米新品種「富富富」おにぎりの試食もありました。
本会は展示ブース会場にて出展参加し、農業・農村・森林が持つ多面的機能や、農業用水の役割や小水力発電について、また地元土地改良区の取組みなどを、パネルや冊子にてPRを行いました。今回、本会らが開発したマイクロ水力発電水車「すいでん君」の実証試験機を持込み、実際に水車が回転することで発電が起きる様子を体感してもらいました。また、農業用水が河川の下を伏せ越しする状況をサイフォンの模型を展示して、農業用水の機能や流れ方などについて、視察に訪れた多くの子ども達や参加者に紹介しました。

DSC03318    DSC03343

 

DSC03348    DSC03371

 

2+