投稿者のアーカイブ

強化期間中、音声アナウンスを行います

「春の農業用水路転落事故防止強化期間」では、安全点検、安全啓発活動を展開する予定で、その一環として、広報車による音声アナウンスを県内各地で行うこととしています。
アナウンスの内容は、下記のYouTubeでご覧になれます。
画像をクリックすると、Youtubeの動画が再生されます。

 

※アナウンス内容
4月20日から5月20日は、春の農業用水路 転落事故防止 強化期間です。
身近な水路でも事故が多く発生しています。
水路事故にあわないよう、気をつけましょう。

 

0

令和2年度 富山県農業用水路事故防止対策推進会議が開催されました

令和3年2月15日、富山県民会館で標記会議が開催されました。
会議では、廣瀬慎一会長(元富山県立大学 短期大学部長)はじめ、委員12人にご出席いただき、下記の議事について審議いただきました。

(1)PDCAサイクルを活用した「農業用水路の安全対策」の充実

(2)令和2年度 農業用水路の安全対策の概要
・安全対策の取り組み状況(ソフト対策、ハード・セミハード対策)
・令和2年度の死亡事故の状況
・ワークショップ等における参加者からの意見
・調査研究結果

(3)安全対策の課題と対応方針(案)

次年度も引き続き、農業用水路への転落事故防止に向け、取り組んでいくことが了承されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

冬期の転落事故に注意しましょう

記録的な大雪により道路と農業用水等の境界がわかりづらくなっております。
転落死亡事故が発生しています。
慣れた道でも除雪作業や通行の際は十分ご注意ください。

0

常願寺川流域が富山県内の新聞・チラシで紹介

横江頭首工や両岸分水工が「常願寺川流域の今と昔の水の利用と農業を 子ども記者が徹底調査」と題して、令和2年12月23日(水)の富山県内の新聞紙面や折込チラシで紹介されました。
富山新聞の紙面2ページと北日本・読売・北陸中日・朝日・毎日・日本経済の県下すべての新聞の折込チラシ(B3両面)で、合わせて約53万4千世帯に配布されました。
本広報は、北陸農政局西北陸土地改良調査管理事務所が土地改良事業の情報発信の一環として作成・配布したもので、常願寺川流域の富山市立広田小学校と立山町立立山小学校の生徒の参加・協力を得て取材、編集されました。
なお、掲載日の翌日には該当地域の小学校72校にも配布予定です。
記事内容は下記をご覧ください。

立山小学校編(PDF) 広田小学校編(PDF)
0

令和3・4年度入札参加資格申請に関するお知らせ

富山市「建設工事」及び「建設コンサルタント業務等」の入札参加資格申請の受付について

1.受付期間
令和2年12月1日から令和3年2月28日まで【消印有効】

2.提出方法
持参または郵送
受付時間 9時00分~12時00分,13時00分~16時30分(土・日曜日、祝日を除く)

0

富山県多面的機能支払推進研修会資料をアップしました

令和2年度 富山県多面的機能支払推進研修会の資料を掲載しました。
様式集の研修会テキストのページをご覧下さい。

0

令和2年度 富山県多面的機能支払推進研修会の開催

令和2年10月13日(火)、富山産業展示館(富山テクノホール)において、富山県多面的機能推進研修会を開催しました。
研修会では、「草刈り作業の安全と草刈り機の適正な使用について」をテーマ研修を行いました。
また活動に必要な資材や機械、事務支援ツールなどの企業・団体ブース展示を行いました。
研修会は、新型コロナウイルス感染防止に配慮した開催としたため、例年より参加人数を半分程度の640人に低減し、検温やアルコール消毒、マスク着用等の対応をとらせていただきました。
ご参加いただいた皆様には、ご協力いただきありがとうございました。

研修会の概要は、以下のとおりです。

■開催日時
開催日:令和2年10月13日(火)
場所:富山産業展示館(テクノホール) 西館大展示場
●研修会

講演①
・草刈り作業の安全と草刈り機の適正な使用について
片山安心コンサルタント合同会社
労働安全コンサルタント
片山 昌作 氏

講演②
・ブース展示企業の技術紹介(ブース出展企業・団体)
(株)レコニング
桜井(株)
(株)アースコーポレーション
(株)大塚工業
(株)白崎コーポレーション
三和ボーリング(株)
(株)ガイメック
全国農業協同組合連合会 富山県本部

講義
・富山県内の取組状況について
富山県多面的機能推進協議会(富山県農林水産部農村振興課)
柴田 祐紀

●ブース展示
・活動に必要な資材等のブース展示
(防草シート、安全施設、水路の補修材等の各種メーカー・団体による展示)

(株)レコニング
桜井(株)
(株)アースコーポレーション
(株)大塚工業
(株)白崎コーポレーション
三和ボーリング(株)
(株)ガイメック
全国農業協同組合連合会 富山県本部
富山県コンクリート製品協会
富山県安全施設業協会
(ブース展示は、本研修会に際し、ご応募いただいた企業・団体です。)

・県内の活動事例等のパネル・ポスター展示

0

令和2年度 富山県多面的機能支払推進研修会のご案内

多面的機能支払の取り組み維持・拡大、継続性確保の推進を図るため、標記研修会を開催致します。
今年度は、新型コロナウィルス感染防止の観点から参加人数を縮小して開催致します。

1 日 時  令和2年10月13日(火)
講習会 13:00~15:30
パネル・ブース展示 12:00~16:00

2 場 所  富山産業展示館(テクノホール)西館  富山市友杉1682番地

3 内 容  草刈機の安全使用、ブース展示メーカーの技術紹介など

■講演(1) 草刈り作業の安全と草刈り機の適正な使用について
片山安心コンサルタント合同会社  片山 昌作 氏

■講演(2) ブース展示企業の技術紹介(参加7社)
1社当たり6分

■講演(3) 富山県内の取組状況について
富山県多面的機能推進協議会(富山県農林水産部農村振興課)

■ブース・パネル展示(メーカー、業界団体等)
・コンクリート水路補修材
・防草シート
・コンクリート2次製品
・水路への転落事故防止関係資材
・その他関連技術や事務支援ツールなど

4 対象者  多面的機能支払交付金の活動組織の構成員、土地改良区の職員、 推進組織・市町村・県の担当者

5 その他  本研修会は、農地維持活動に関する研修(事務・組織運営等の研修)及び資源向上活動に関する研修(補修技術等の研修)に位置付けられます。

6 申し込み
関係市町村の多面的機能支払担当課までお願い致します。
今年度は、参加人数を縮小して開催致しますので、ご希望に添えない場合もございます。

7 新型コロナウイルス感染防止について
新型コロナウイルスの感染防止の観点から、参加者の皆様には、以下の点についてご協力をお願い致します。

体調が優れない、咳・咽頭痛、高熱があるなどの場合は、参加をお控え下さい。
会場では、検温を実施、健康チェックシートのご記入をお願いすることを検討しております。
(健康チェック・参加票等の取り扱いは現在、検討中です。別途、市町村を通じてご案内致します。)

研修会場では、必ずマスクの着用をお願い致します。
マスクを外しての会話は、ご遠慮願います。
会場内で密集・密接な状況とならないよう、ソーシャルディスタンスの確保にご協力をお願いします。
咳やくしゃみの際は、必ずマスクやハンカチ、ティッシュ等で口元を覆うなど、咳エチケットを守ってください。また、使用したマスク等は持ち帰りをお願いします。
会場の換気設備を稼働させておりますが、会場の状況に応じて扉を開放して換気を行いますので、ご協力をお願します。

富山県内における新型コロナウィルス感染症の感染状況によっては、主催者の判断で研修会を延期または中止する場合もございますのでご了承願います。

■問い合わせ先
・活動組織の方 市町村の多面的機能支払担当課
・土地改良区などの方 水土里ネット富山 事業部管理指導課 TEL:076-424-3380

0

秋の農業用水路転落事故強化期間が始まりました

県内で多発する農業用水路での転落事故を防止するため、富山県、市町村、土地改良区では、
8月20日から9月20日までの1か月間を「秋の農業用水路転落事故防止強化期間」として安全啓発、安全点検活動を展開しています。

当土地改良区においても地域の皆様への普及啓発に努めてまいります。
事故防止に向け、皆様のご理解、ご協力をお願い致します。

0

「秋の農業用水路転落事故防止強化期間」について

8月20日から9月20日まで「秋の農業用水路転落事故防止強化期間」

県内で多発する農業用水路での転落事故を防止するため、富山県、市町村、土地改良区では、8月20日から9月20日までの1か月間を「秋の農業用水路転落事故防止強化期間」として安全啓発、安全点検活動を展開しています。
当土地改良区においても地域の皆様への普及啓発に努めてまいります。
事故防止に向け、皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 

農業用水路やため池への転落事故防止のため、ご理解とご協力をお願いいたします。

◆慣れた道でも、水路沿いを通るときは、安全確認をしましょう
◆昼と夜では期限度が違います。暗いところは特に注意しましょう
◆「自分は大丈夫」との認識を改め、余裕を持った行動をとりましょう
◆家庭内でのコミュニケーションを取るとともに、高齢者、子供たちへの声掛けをしましょう
◆一人での水管理や農作業を極力避けるよう周囲から声掛けしましょう

0

▲Pagetop