ため池安全パトロールを実施しました

7月1日の「国民安全の日」に、当土地改良区管内にある室住(むろずみ)池と(やがたに)池の2箇所のため池において、富山農林振興センター、富山市農村整備課、災害ボランティア及び地元管理者との合同で安全パトロールを実施しました。
この活動は、災害発生時に人的・物的被害が想定される「ため池」等について、日常の維持管理の重要性を再認識するとともに地域での自主防災意識の向上を図ることを目的に実施したものです。

image001 image002
堤体の点検
image005 image006
 洪水吐の点検  点検結果の報告

 

結果報告
①概ね良好であったが、堤体の一部に孕みが確認された。また、洪水吐が老朽化しており、部分的な補修が必要と思われる。
②今後も日常の維持管理を行いながら様子を見ること。
③年に1回は、水位を下げ、取水施設等の点検を実施すること。
④異常があれば、直ぐに市・及び県に連絡をすること。

0

▲Pagetop