熱中症に気をつけましょう

毎日暑い日が続き、熱中症の危険性が非常に高まっています。
室内外を問わず、のどの渇きを感じる前にこまめに水分・塩分補給をしましょう。
スポーツドリンクは、水分だけでなく塩分も補給できるそうです。

熱中症は、適切な予防をすれば防ぐことができます。
一人ひとりが周囲の人に気を配り、熱中症予防を呼びかけ合うことも大切です。

熱中症の症状は、めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、倦怠感、虚脱感、意識消失、けいれんなどです。

 

もしも熱中症になった時は・・・

・エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる
・衣服をゆるめ、身体を冷やす
・水分・塩分などを補給する

といいそうです。

※自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急隊の要請を!

1+

▲Pagetop