農業用水利施設の解説:頭首工

頭首工とは、川に流れる水を農業用水として水路に引き込む取水堰や取入
口をまとめたものの総称を言います。

取水堰は、用水取入れに必要な水位を確保するためのもので、土砂吐き、
魚道、流木路などをつけます。

取水口はむだなく計画水量が取水できるような形状と配置が必要で、ちり
よけ格子、土砂吐き、沈砂池などを設け、流量調整のための制水門をつけ
ます。

 

なので頭首工は、ダムとは違った目的で設置されています。

当土地改良区管内に頭首工はありませんが、富山県内には頭首工がたくさ
んあるので見に行ってみてください。

2+

▲Pagetop