中野放水路水門整備工事が完成しました

国営庄川左岸農地防災事業の中野分水場三用水水門・新又千保水門整備工事と連携して平成29年9月から整備を進めておりました中野放水路水門整備工事が完成しました。
この水門は、庄川合口ダムの左岸から取水した用水が中野発電所(関電)を経由して、本分水場にて必要な農業用水を三用水連絡水路及び新又千保連絡水路に分水することとなりますが、適正に分水するため水位を一定に保持する機能を持つ重要な水門です。
整備工事は、旧体コンクリートのひび割れや表面劣化を補修し、扉体の再塗装、水密ゴム交換等を実施し、戸当たりはステンレス製に開閉装置はワイヤー式からラック式に変更しております。
水門の概要:鋼製スライドゲート 2門(3.484m(幅)× 3.000m(高さ))
操作方式等:電動、遠隔操作(TC)・監視(TM)、予備発電装置

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中野放水路水門 2門

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

門扉(再塗装)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

戸当り(交換)・コンクリート補修

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

非常用予備発電機

0

▲Pagetop